ウォーキングデッド シーズン7 2話

ウォーキングデッド シーズン7 2話「王国」の感想を紹介します。

ネタバレあり!

⇒ Huluで動画配信中!

2話はモーガンとキャロルが中心の内容で、リック軍団は出てきません。

シーズン6で銃で撃たれまくったキャロルでしたが、

モーガンとどこからともなく現れた謎の兵士に助けられました。

そして、シーズン7で助けてくれた兵士が王国の兵士だと判明。

王国の王は、エゼキエル王。

大きなトラを従えたドレッドヘアの黒人です。

最初はどんな人かと思いましたが、話が進むにつれて良い人だと分かりました。

キャロルは王国で治療受け、モーガンは王国の人たちと一緒に生活します。

一人になりたいキャロルは体が治ったら王国から去るとモーガンに言うが、

モーガンはその行動を止めさせようとキャロルを説得する。

キャロルは王国を幻想だと言い、エゼキエル王のことを不信に思う。

一方、モーガンはエゼキエル王に信頼されており、

仕事に同行したり、部下の指導をお願いされる。

体調が良くなったキャロルは深夜脱走を試みるが、エゼキエル王に待ち伏せされていた。

エゼキエル王はキャロルに本性を打ち明け、王国にいて欲しいと説得する。

ここで、エゼキエル王の正体が明かされます。

実はエゼキエル王は元の仕事は、動物園の飼育員でした。

シヴァは動物園で飼っていたトラだった。

結局、キャロルは王国から出ていくことを選択します。

誰もいない一軒家に住み始めるキャロル。

そして、一人の男性が家にやって来ます。

ドアを開けると、そこにエゼキエル王がシヴァと共に立っていた。

3話に続く